麻酔による効果

包茎手術では、麻酔を行って治療を受けますが、麻酔針を直接陰茎に打つのではと考え、ためらってしまう人も多いでしょう。スプレーによる麻酔や患部の冷却を行うことで、部分麻酔の痛みを抑えられるため、麻酔の痛みも感じません

この記事の続きを読む

痛みを伴わない包茎の手術なんて本当にあるの?コチラの病院で詳しく調べてみませんか?良かったらチェック

傷を残さない手術

包茎手術を受けたとしても、後々まで傷跡が残るのであれば、コンプレックスを解消することはできないでしょう。そのため、クリニックでは特別な手術道具や縫合糸を利用し、丁寧な施術を行うことで、傷跡を残さず治療が行えます。

この記事の続きを読む

カウンセリングは無料

包茎手術を受ける前に、自分が本当に手術をしなければならないほどの状況なのか、確かめたい人も多くいます。事前に無料のカウンセリングを行うことで、施術の不安や費用の問題などを解消することができるでしょう。

この記事の続きを読む

クリニックへの連絡

包茎手術を受けたい場合、專門のクリニックに予約を取ることで、手術を受けることができます。予約を入れれば、クリニック側の配慮で誰とも合わずにすぐ治療が受けられるため、利用することができるのです。

この記事の続きを読む

包茎の問題

多くの男性がコンプレックスとしている問題として、包茎が挙げられます。
包茎とは、陰茎が大人になった後でも包皮に包まれている状況を指して言われるものです。
種類も多くあり、手で容易に包皮を剥くことができるものを仮性包茎、簡単に剥く事が出来ないものを真性包茎と呼ばれます。
その中でもカントン性包茎は、亀頭を露出させる部分が狭いため、無理に露出させようとすると亀頭を締め付けてしまい、うっ血などの症状を引き起こす恐れがあるため、注意が必要となります。
こうした包茎は、見た目だけではなく、衛生的な面でも問題となります。
常に包皮につつまれているため、包皮内部は蒸れによって高温多湿の状態となります。
そのような状態は、数多くの雑菌が繁殖し易い状況となるため、非常に不衛生な状態となるのです。
雑菌の繁殖による悪臭はもとより、性病などの問題も発生しやすいため、こうした包茎はパートナーとの性交渉を行う前に治療を行う必要があります。
きちんと治療を行うことにより、男性としての自信を得られるとともに、衛生面からもよい状態となります。
衛生的であるため、性病などのリスクも回避できます。パートナーに対しても好印象を持たれるため、包茎の問題は專門のクリニックで解消しましょう。

クリニックでは、適した手術方法によって包茎を治療します。
余った包皮を麻酔によって切除するため、ほぼ無痛で施術を行えます。
また、施術は数十分程度で終わり、日帰りで帰宅することができるため、忙しい人でも予定を合わせることで、治療を行うことができるでしょう。